読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢ママのひとりごと

2016年春、息子を出産しました。アラフォー新米ママの、育児や日々の出来事のブログです。

夜間断乳リベンジ〜2日目〜

f:id:plum77:20170220153726p:plain

夜間断乳に再挑戦して2日目。
だんだん夜はまとめて寝てくれるようになりました!
ただ、ちょっと困った問題も出てきてしまって…。

夜間断乳すると昼間は授乳が増える?

夜間断乳した反動なのか、遊んでいても、すぐに泣き出して、抱っこをせがんでくるようになってしまいました。
そして、日中はおっぱいをやたら欲しがります。
離乳食を食べさせたいのに、あまり食べてくれず、途中で泣き出して泣き止まないので、中断して授乳すると落ち着くというパターンです。
朝、昼、夜ともそんな感じだったので、こんなんで大丈夫かなーと心配になってしまいました。
調べてみると、けっこうそういう赤ちゃんも多いみたいです。
夜、急におっぱいをもらえなくなったことで、赤ちゃんもとても不安になっているんだとか。
そっか、子供の気持ちもちゃんと考えてあげてなかったなーと反省でした。
だいたい1週間ほどで、この甘え病的な状態は落ち着くということなので、しばらくは日中は気持ちを癒してあげられるよう、ケアしていきたいと思います。

夜間断乳リベンジ2日目

前日同様に、夜の9時少し前には就寝の準備をし、絵本の読み聞かせ→消灯→授乳→横にして背中をトントンという入眠の儀式で寝かしつけを始めました。
横にして背中をトントンすると、泣くことはなかったのですが、もがいて布団の外に出ようとします。
それをいつも通り、布団の中に戻しては背中をトントンしての繰り返しを何回かしているうちに、眠りについてくれました。
時計を見ると9時40分!
だんだん寝かしつけの時間が短くなってきています。
順調、順調!
そのまま、夜中の3時までぐっすり寝てくれました。
夜中の3時に泣き声で目覚めましたが、そこからはけっこう時間がかかりました。
泣き叫び続ける息子の背中をトントンし続けて、約1時間20分。
泣き疲れてやっと寝てくれました。
そこからもぐっすり眠り続け、朝の7時には起きて欲しかったのですが、なかなか起きてくれず、8時にやっと目覚めてくれました。

まとめ

夜間断乳を数日間続けてみて、まだ寝かしつけに多少手こずるものの、確実にまとめて寝てくれるようになったので、このまま続けていければ良いなと思います。
夜間の断乳が息子を不安にさせているということになかなか気付けず、その点は反省でした。

その上、保育園に入るのに、離乳食も遅れている焦りから、昼間も離乳食進めなきゃと一気に色々進めようとしてしまっていました。
しばらくは、日中は欲しがるだけおっぱいあげようと思います。
夜間断乳が軌道に乗ってきたら、昼間も徐々に、授乳を減らして離乳食も進めていきたいと思います。
断乳をいつにするかはまだ考え中ですが、また経過を記事にしていきたいと思います!

 

www.plum-mammy.net