読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢ママのひとりごと

2016年春、息子を出産しました。アラフォー新米ママの、育児や日々の出来事のブログです。

チャイルドシートを、前向きにしたら9ヵ月の息子がご機嫌になりました。

f:id:plum77:20170117162258p:plain

先日、伊豆に旅行に行って来たのですが、その前に主人とそろそろチャイルドシートを前向きにしてみようかという話になりました。結果、前向きにしてみて大成功だったんです!長い道中グズられるかなーと心配していましたが、ほとんど泣くことなくご機嫌で乗っていてくれました。

 

 

生後9ヵ月までのチャイルドシートの位置

生後9ヵ月までは、運転席の後ろ後部座席にチャイルドシートを後ろ向きにして設置していました。
乳児期はまだ骨格が固まっていないので、前向きにすると正面衝突に遭った場合、頭が大きい赤ちゃんは頭だけ前に行こうとして首にものすごく負担がかかってしまいます。
後ろ向きにした方が、背中の広い面で衝撃をうけられるので、前向きよりも負担が少なくてすむんです。
なので乳児期は後ろ向きでの設置が指示されています。取扱説明書では、体重が9kg以上になれば、前向きに取り付けても可とありました。

 

f:id:plum77:20170117162535p:plain

 

新生児の頃から生後半年くらいまでは、赤ちゃんは車が大好きで、チャイルドシートに乗せると気持ち良さそうに眠っていてくれたんです。
それが半年を過ぎて、起きている時間が長くなったころから、車の中でグズりだすようになったのです。泣き始めると家に着くまで泣いているので、手がつけられません。仕方なく抱っこしてしまったりしていましたが、それも危ないので旅行前にどうにかしたいなーと思い、チャイルドシートを前向きに変えてみることにしました。

 

生後9か月からのチャイルドシートの位置

車は、5人乗りのセダンタイプです。
旅行は、義理の両親と5人で出かける予定だったので、後部座席に赤ちゃん含め3人座ることになります。いつも、後部座席の真ん中に私が乗るのですが、それも長時間だと疲れるなーと思って、主人に真ん中にチャイルドシートを取り付けてもらいました。
それが、大正解!
真ん中の座席に息子を座らせると、前が良く見えるようで、景色をじーっとみて大人しくしていてくれたんです。両サイドから大人が話しかけたり、ケアできるのも良かったです。
後部座席の真ん中に座っていた時よりも、私もゆったり座れるようになりました。
チャイルドシートの位置を変えるだけでこんなに静かにしてくれるとは、本当に旅行前に変えておいて良かったと思いました。

 

まとめ

体重が9キロを超えたあたりから、チャイルドシートを前向きに座らせることが出来ます。
最近、チャイルドシートに乗せると赤ちゃんがグズるという方は、シートの位置を変えてみると大人しくなるかもしれません。
特に後部座席の真ん中がおすすめです!