読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢ママのひとりごと

2016年春、息子を出産しました。アラフォー新米ママの、育児や日々の出来事のブログです。

授乳中の虫歯治療とりあえず完了!これからは糸ようじで虫歯予防です。

街を歩くとしめ飾りが露店で売られていたり、年末な雰囲気が出てきましたね!
私は、歯医者に行ってきました。年内にとりあえず大きな虫歯は治せたので、とりあえず通院は終わりになりました。

 


毎週のように通って、息子は大泣きしていましたが、最終日は静かに待っていてくれて、歯科助手さんになついていました。慣れた頃に終わりになりましたねーと言われて、なぜだか私も少し寂しい気分に。
次回は半年後の定期健診と言われましたが、自分としてはもう少し早めに親知らずを抜いてしまいたいところです。
これ以上虫歯を増やさないために、糸ようじを毎日使うことを先生に念押しされてしまいました。今までも三日坊主で終わっていた糸ようじですが、今のところなんとか続けられています。

 

 

糸ようじは虫歯と歯周病の予防効果大!

ほとんどの虫歯、歯周病は歯と歯の間から始まるそうなんです。この歯と歯の間の汚れは、歯ブラシでは40~50%しか取れないので、糸ようじを使うのがとても大事になってきます。糸ようじをつかうとこで、歯と歯の間の歯垢や食べかすを80%取り除けるようになるそうです。完全ではないけれど、歯ブラシのみと比べると全然違いますね。そこまで差が出るとは知らなかったので、ちゃんと使いこなしてきませんでした。虫歯の出来やすい妊娠中にも使っていたら、もっと予防できたのかなーと、今更ながら思ってしまいました。先生には、最低でも1日1回は糸ようじ使って下さい、でないとまた虫歯すぐなりますからと言われたので、毎日の習慣にしてみようと思います。

 

使いやすい糸ようじは?

私の場合、歯と歯の間が狭いのか、糸ようじが間に入りにくく、糸が切れてしまったり、出血してしまったりだったんです。それもあって、使ってこなかったのですが、私にあった糸ようじを見つけたんです!

 

f:id:plum77:20161229172430j:image

 

はじめての方、歯間が狭い方用の入りやすいタイプの糸ようじがありました!糸が細く本数が少ないからか、歯と歯の間にきちんと入り、糸も切れませんでした。かき取り性は下がってしまうようですが、やらないよりは良いですよね。これならストレスにもならず使えそうなので、しばらくはこの入りやすいタイプなしてみようかなと思ってます。ちなみに、今まで使ってたのは、「クリニカ フロス&スティック」という商品です。

 最後に

虫歯予防に効果大という糸ようじ、入りやすいタイプを使い始めてからは使いごこちが良く、使った後はとてもスッキリします。これなら続けられそうかなと思うので、続けてみたいと思います。次回の定期検診でどんな結果が出るか、ちょっと楽しみです。