読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢ママのひとりごと

2016年春、息子を出産しました。アラフォー新米ママの、育児や日々の出来事のブログです。

長野県飯山市のふるさと納税、返礼品に「幻の米」を注文!

8月に申し込みしていたふるさと納税の返礼品、「幻の米」が11月中旬に届きました。

寄付額10,000円で、1袋4kgの米が3袋、計12kg頂けます。

 

届いたお米はこちら↓

f:id:plum77:20161224213144j:image

 

コシヒカリ最上級米「幻の米」12kg

【内容】

・幻の米   4kg  x  3袋

 

昨年は、魚沼産こしひかりの産地、「新潟県中魚沼郡津南町」のお米をふるさと納税で注文しました。寄付額6万円で3か月に1度精米したてのお米を10キロ届けてくれます。このお米もものすごく美味しいのですが、3ヶ月に10キロは我が家では足りず、別に買い足ししていました。
そこで、足りない分のお米をふるさと納税で別の自治体に寄付してまかなおうかと、見つけたのが「長野県飯山市」の「幻の米」だったんです!
実は、「新潟県中魚沼郡津南町」と「長野県飯山市」は、隣接していて飯山市のお米は「隠れ魚沼」として有名だそうなんです。表示義務の厳しくなる以前は、魚沼産こしひかりとして扱われるほど高品質で美味しいお米とのことで、これはぜひ食べてみてたいですよね!しかも、1万円の寄付で12kgもお米が頂けるなんて、かなりの高還元率です。相場を調べてみたところ、楽天で「幻の米」5kg 2,855円で販売されていました!

 

特A米「幻の米」申し込みはお早めに

「幻の米」は、コシヒカリのなかでも厳選された特A米です。
特A米とは、日本穀物検定協会が食味試験をして、その食味ランクのなかで1番上のランク、基準米よりも特に良好なものを指します。
そんな良質の米が、1万円で12kgも頂けるのですから、やはり数量も限定されていて早めに売り切れてしまいます。私は、8月に何とか申し込むことが出来ました。申し込みは8月6日、到着は約3か月後の11月中旬でした。ふるさとチョイスからの申し込みです。
12月25日現在、サイト上には表示がありませんでしたが、1万円の寄付で、「幻の米」10kgと「ふるさとのしめじふきのとう3本」セットなら、まだありました。しめじとふきのとうを味噌で絡めた加工品の瓶詰3本が付いてくるようです。お好みでなければ、29年度になってからまた「幻の米」のみの返礼品が出てくると思いますので、その時に申し込むと良いと思います。
実は、27年度は1万円で15kgのお米が頂けたそうなんです。28年度は3kg少ない12kgになってしまいましたが、29年度もこのまま12kg頂けると良いですね!
私も、来年はもう少し寄付額を増やして申し込もうと思っています!