高齢ママのひとりごと

2016年春、息子を出産しました。アラフォー新米ママの、育児や日々の出来事のブログです。

アップリカの3年保証サービスで、ベビーカーを交換してもらえました!

息子が、8ヶ月になった頃から愛用してきたアップリカのベビーカー、マジカルエアープラス。

とても軽くて持ち運びやすかったのですが…。

ベビーカーで毎日保育園に通ったり、息子の体重も14キロに近づいていて重くてなってきていて負荷がかかっていたのか、突然脚が折れて壊れてしまいました。

まだ、保証期間内だったので、アップリカのお客様サポートセンターに連絡してみることにしました。

 

アップリカの3年保証サービス

ベビーカーを購入した時に、事前に自分で登録すれば、保証期間が1年から3年になるという案内をもらっていました。

念の為、登録しておいて良かったです。

早速、サポートセンター連絡すると、ベビーカーの状態を知りたいので、破損部分の写真をメールで、送ってほしいとのこと。

その後、アップリカの担当の方からメールでご連絡頂き、返信する形で写真を送りました。


f:id:plum77:20180813171245j:image

こちらが、アップリカに送った映像です。

かなり豪快にパキッと折れています。

この画像を送った後に、修理不可能と電話で連絡をもらいましたが、なんと新しい製品と交換してくれるとのこと!

派手に折れてしまっていたので、修理してもらえるか心配していましたが、逆にラッキーだったかもしれません。

送料3150円はこちらの負担でしたが、壊れたベビーカーも引き取ってくれた上に、新品の新型ベビーカーを送ってくれたので、かなり良心的ですね。

新しいベビーカーも、色や柄などこちらで選ばせてくれました。

 

数日後には、無事に新品のベビーカーが届き、息子も「ベビーカー、新しい?」と聞いてきて嬉しそうにしていました。

f:id:plum77:20181007092319j:image

息子ももう2歳9ヶ月。

ベビーカーを卒業しても良い月齢なのですが、遠出する時などはやはりベビーカーが便利なので、交換してもらえて良かったです。

新しいベビーカーに交換後も、なんと3年保証サービスは引き継がれ、事前登録しておけば、初回の購入から3年以内だったらまた壊れたとしても、修理をして頂けるそうです。

その頃までには、ベビーカー卒業かなと思うのですが、ありがたいシステムですよね。

 

まとめ

アップリカのマジカルエアープラス、軽いのが長所でもあり、短所でもありましたがこの3年保証サービスが使えて、買ってよかったなと改めて思えました。

第二子が授かれるか分かりませんが、またその時にも活躍できると良いなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

避暑におすすめ!夏のマザー牧場に行ってきました。

猛暑続きの毎日ですね。

外になるのも億劫な日々になっていましたが、千葉の温泉に宿泊する機会があり、マザー牧場に行って来ました。

 

夏のマザー牧場

マザー牧場は、千葉の富津市にある牧場で、神奈川方面から車でアクアラインを通って行くととても近いんです。

週末でも道路がすいていれば、川崎市から約1時間半で到着します。

暑い日が続いていたので、暑さで楽しめるか心配していましたが、高台の高原に位置していることもあり、東京よりは全然涼しくとても楽しむことが出来ました。

山の上ゲートの駐車場に車を停め、入場するとすぐ広場があり、お水遊び出来るようにいろんな工夫がされていました。

f:id:plum77:20180803171527j:image

水のミストシャワーを浴びれるトンネルは、息子も大喜びで、何回も通り抜けしていました。

f:id:plum77:20180803171652j:image

広い芝生の広場もスプリンクラーのようにお水が出てくる場所があり、びしょ濡れにならない程度にお水がかかって、子供達も気持ちよさそうでした。 

 

水遊びを楽しんだ後は、牧場内ののレストラン「カフェ&ジンギスカンFARM DINER」で、ジンギスカンのバーベキューをしました。

レストラン内はとても涼しく、室内のバーベキューは快適で結構楽しめました。

 

食事の後は、また広場で遊んでいるうちに馬の牧場にたどり着き、餌やり体験をしました。

f:id:plum77:20180803171828j:image

人参や大根の野菜スティックが300円で売られていて、それを馬の口元に運ぶのですが、迫力があって怖がるかと思いきや息子は大喜びで爆笑していました。

 

その後はふれあい牧場へ。

羊やカピバラ、亀などが放し飼いされていて自由に触れるエリアです。

f:id:plum77:20180725081655j:image

これも息子は大喜びで、羊さんを触りに行ってはうれしそうに笑っていました。

先日、ズーラシアに連れて行った時は、暑くて息子もあまり反応していなかったのですが、マザー牧場は割と涼しく、お水で遊べたり動物にふれあえたのが良かったのか、大はしゃぎしてくれて連れて行った甲斐がありました。

亀やカピバラも近くで触れられて、息子にとってはとても貴重な経験になったようでした。

f:id:plum77:20180803172022j:imagef:id:plum77:20180803172019j:image

このエリアは、ベンチで涼めるようになっていてクーラーが効いているのか、屋外でも涼しくて大人ものんびりできました。

 

ふれあい牧場のすぐ近くに、うさモルハウスという、うさぎとモルモットに触れられるハウスがあります。

ちょうど触れ合える時間になったと聞いてそちらも行ってみました。

f:id:plum77:20180805151125j:image

時間が限られてるからか、かなり混み合っていましたが、こちらも「さわってみる」と言って息子は夢中になっていました。

息子も2歳4カ月になりましたが、この時期は動物を見るよりも、触れたりさわったりできることがとても嬉しいんだなーと、勉強になりました。

 

そんなこんなであっという間に数時間経ってしまい、そろそろ帰ろうかと園内のバスを探していると、とても素敵な風景を、見つけました。

f:id:plum77:20180805151522j:image

桃色吐息(ペチュニア)がちょうど見頃を迎えていました。

 

動物だけでなく、景色もとても綺麗で、大人も凄く気分転換になり旅行気分を味わえた1日となりました。

 

まとめ

夏のマザー牧場、東京近郊の屋外の遊び場の中では涼しく過ごせて、子供も大喜びするスポットだったのでとてもおすすめです。

以前冬行った時は、寒すぎて短時間で帰った記憶があるので、春先から秋頃に行くのが良さそうです。

7、8月はお休みのひつじの大行進や、小さい遊園地エリアわくわくランドなど、見れなかったエリアもまだまだたくさんあるので、また是非子供を連れて行ってあげたいです。

 

 

 

 

 

 

油壺マリンパークをお得に楽しんできました!

水族館に一度連れて行ったら、大喜びしていた息子。

また連れて行ってあげたいなと思っていたところ、会社の福利厚生ベネフィット•ステーションの冊子で油壺マリンパークが、なんと無料で入場できるという情報を発見!

会員限定の特別期間は、クーポンを提示すれば無料で招待してくれるとのことで、ちょうど土日も対象になっていたので、行ってみることにしました。

 

油壺マリンパーク

油壺マリンパークは、神奈川県三浦市にある、今年で50周年を迎えるというかなり古い水族館です。

f:id:plum77:20180604080457j:image

昭和な雰囲気を残したとても居心地良い水族館でした。

それほど広くなく、こじんまりとしているので半日あれば充分楽しめます。

最近は、ドッグランが出来て、ペットを連れて入場できる(別途入場料が500円必要)ので、ペット連れのお客様にも人気があるそうです。

実際、園内には沢山の犬を連れたお客さんがいて、息子も「ワンワンいたー」とかわいい犬達を見て喜んでいました。

 

水族館に行ったら、絶対見たいのが、イルカやアシカのパフォーマンスですよね。

油壺マリンパークにも、屋内型のファンタジアムというショー劇場があります。

ちょうど13時からのショーが始まる頃に、劇場を通りかかったので、そのまま見に行くことにしました。

f:id:plum77:20180604080545j:image

既に開演していたので、ほぼ満席になっていましたが、端っこの方はまだ前の方の席も座れて、良く見える席に座ることができました。

35分間とショーの時間がけっこう長かったので、息子が騒ぎ出さないか心配だったのですが、ミュージカル仕立てになっていて、息子も飽きることなく、楽しんで見てくれていました。

舞台と観客席が近いのも良かったのかもしれません。

f:id:plum77:20180604080802j:image

イルカのジャンプをとても近い位置で見られて、息子の目も釘付けになっていました。

 

かわうその森という、自然の中にいる魚や動物を見るのを楽しめるエリアもありました。

f:id:plum77:20180607081851j:image

上流から下流の水辺や洞窟、切り株や田んぼのエリアがあり、小さいながらも森の中に遊びに来た雰囲気を味わえてほのぼのしました。

 

メインの水族館「魚の国」も、約400種類とたくさんの生き物たちが展示されていました。

お気に入りのクラゲや、クマノミ、色とりどりのお魚や生き物が見れて、息子も大満足していた様子でした。

 

まとめ

油壺マリンパーク、小さいながらも充分に楽しめる施設の揃った、居心地の良い水族館でした。

広くて回りきれないということはないので、2歳児を連れて行くのにちょうど良かったです。

会社の福利厚生、ベネフィット•ステーションは、それほどお得なイメージがなくほとんど利用していなかったのですが、水族館やテーマパークなどは期間によってかなりお得に楽しめることが分かりました。

実は、鴨川シーワールドも4月限定のクーポンで1人500円で利用できたんです。

水族館は入場料が高いので、こういったクーポンを使って気軽に行けるのは本当に助かります。

また、お得なクーポンを見つけたら積極的に利用して行きたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の日の保育園対策に!レインポンチョとレインブーツを購入しました。

雨の日の保育園送迎、本当に憂鬱ですよね。

今までは、抱っこ紐やベビーカーにレインカバーを付けて送迎していましたが、もう抱っこするのが難しい体重になりつつあり…。

雨が強いとベビーカーを押しながら片手に傘というのも辛いんですよね。

なんとかならないものかと思いながら、徒歩でも送迎出来るように、子供のレイングッズを購入してみました。

 

続きを読む

認可保育園転園から1か月。新設保育園のメリットデメリット。

認可保育園に転園してから約1か月が過ぎました。

ようやく息子もお友達や先生達に慣れてきたようで、泣かずに保育園に通えるようになりました。

この1か月を振り返ってみたいと思います。

 

慣らし保育は3日間

保育園転園の場合も、慣らし保育が必要となります。

これは、既に働き始めている親にとってはかなり負担に感じました。

私の会社は4月の初めは、年度末決算で1年で1番忙しい時期です。

慣らし保育があるので休むと言うのは、周りになかなか言いづらい状況でした。

保育園からの説明の際、慣らし保育に最初は2週間見て欲しいと言われましたが、保育園には通い慣れていることを伝え、最終的にはなんとか3日間で慣らし保育を終えさせてもらえる事になりました。

それでも、通う保育園は、初日は入園式で保育はないので、実質4日間は休みを取らなくてはなりません。

うちの場合は、たまたま主人が休める時期だったので、今回はほとんど主人に休みを取ってもらい、私は入園式の日と、慣らし保育最後の日を遅刻早退にしてなんとか切り抜けました。

認可保育園に入れたのは嬉しいけれど、最初の週は仕事の休みのやりくりにあたふたした1週間でした。

息子は初日から大泣きしていて、慣れない保育園でストレスを感じている様子だったので、大人の都合で慣らし保育を短くしてしまい、申し訳なかったです。

最近は、やっと慣れてきてくれて、保育園も楽しく通えるようになったのでホッとしています。

 

新設保育園

転園した保育園は、新設の園だった為、何もかもが未知の世界。

保育園見学もできなかった為、入園式の日に初めて保育園の中に入り、設備等見学することが出来ました。

4月の中旬頃に園の説明会があり、保育方針等についてもそこで初めて説明を受けた感じです。

説明会では、園長先生から自主自律の精神を育むなど保育方針の説明が30分程あり、その後給食についての説明を栄養士の方から20分程受けた後、各クラスに分かれて担任の先生と懇親会が開かれました。

懇親会では、先生から子供達の普段の様子や、持ち物などの連絡事項の説明がありました。

運動会や遠足イベントに関しては、まだ何をするか決まっていない段階で、初年度は様子見かなとの話も先生達の間で出ているとのこと。

同じ系列の保育園が近くにあり、そこのイベントに参加できるものは案内しますとの説明でした。

新設保育園だと、保育園側も何も決まっていないことが多いようで、開園してから色々決めていく感じになるので、少し頼りなく感じました。

また、他ののママさんからは、床のフローリングが固くて危ない、備品の棚がキャスター付きで地震の時倒れたら怖いなど、設備面でのクレームも出ていました。

新設園は事前に見学できないので、こういった設備面の不安も後から出てきてしまいます。

新設園は、先生のやる気に満ちていてすごく雰囲気が良いという友人の話もありましたが、あまりまだそこは感じられず…。

新設の園で良かったなと思うことは、今のところ施設が新しく綺麗なのと、お友達がみんな一斉に入園してくるので、お友達と仲良くなりやすいというところかなーと感じています。

 

まとめ

保育園転園から約1か月、個人的には3月まで通っていた小規模保育園のアットホームさがまだ懐かしく感じてしまいます。

人数の多い新しい保育園が事務的な感じに思えてしまい…。

長い目でみたら、転園は早めの方が良かったのかもしれませんが、新設保育園は未知なことが多く、不安に感じることも多いです。

息子は、保育園にも徐々に慣れてきて楽しく通ってくれるようになり、それが何より救いになります。

お友達とも長い付き合いになりますが、これからも楽しく通ってくれると良いなと思います。