高齢ママのひとりごと

2016年春、息子を出産しました。アラフォー新米ママの、育児や日々の出来事のブログです。

1歳5か月の記録

気温差の激しい日々が続いていましたが、息子も体調を崩し、胃腸炎が治ったら今度はまた中耳炎にかかり、病院通いでバタバタな1か月でした。

そうこうしているうちに、息子も1歳6カ月に突入しました。

1歳5か月の記録を記録しておきたいと思います。

 

1歳5か月の記録

  • お外で歩くの大好き

靴を履いて外で歩くと、とてもご機嫌に歩き回っています。だんだんスピードも出てきて、目が離せません。危なそうな場所で手を繋ごうとするといつも嫌がって泣いてしまいます。自由に動き回りたいようです。

靴も2足目を購入しました。友人やネットの口コミで人気の高かったasicsのすくすくにしました。


 

ファーストシューズより少し靴底がしっかりしていて、滑りにくそうです。履き心地は良いのか分かりませんが、マジックで留めるタイプで履かせるのはかなり楽チンで助かってます。

 

  • スプーン食べ少し上達

リッチェルの赤ちゃん用のシリコンのスプーンを使っていましたが、先か柔らかくて少し食べにくそうな時があったので、スプーンをエジソンの上手に食べられるフォーク&スプーンに新調しました。


 

食べやすいように形が工夫されていて、このスプーンとフォークにしてから、食べ方がとても上達して、食べこぼしも少なくなってきました。

 

  • 腸炎と中耳炎になる

まずは、胃腸炎。おそらく一日常温で置いてしまった野菜スープが原因ではないかと思います。野菜スープを食べた翌々日の朝に保育園で吐いてしまい帰宅。その日はその後2回程吐き戻しました。熱は出ませんでしたが、2日間ほどは食欲もなくかわいそうでした。火は時々入れていたのですが、夏場赤ちゃんにあげる食事は慎重にならなけばなと、反省した出来事でした。

中耳炎は、鼻水はそれほど出ていなかったのですが、夜中に泣いて起きてしばらく寝なかったり、朝御飯の時も機嫌が悪く、いつもと違う様子が続いたので、病院に連れて行くと両耳中耳炎になっていました。耳に水が溜まってしまっていて、今回完治まで2週間かかりました。薬をなかなか飲んでくれなくなって困っていましたが、アイスに薬を挟んで食べさせたらなんとか口にしてくれました。

 

  • 言葉がハッキリしてきた

語彙はあまり増えませんでしたが、バイバイなどの言葉もハッキリ言えるようになってきました。大人が話す言葉も理解してきたようで、お片付けしてや、ボール取ってきてなどお願いするとすぐに片付けたりボールを取りに行ったり行動に移してくれるようになりました。

 

  • 指差しが増えた 

なかなか指差しをしなかったのですが、食べたい食べ物や気になるものを指差して主張することが増えてきました。

 

まとめ 

1歳5か月は、大きな成長は見られなかったものの、着実に成長してると感じることが多々ありました。特に、大人の言うことを理解しているなと感じることがけっこう出てきて、まだしゃべることはできないけれど、会話できているような感覚になることがあり、嬉しくなりました。息子の成長がとても嬉しいですが、少しさみしい気持ちにもなります。今しかないこの時期を、大切に過ごしていきたいと思います。

 

「保険deあんしん館」で保険の見直し

今入っている医療保険、10年ごとに値上がりするタイプで、どんどん負担が増えてしまうんです。

見直しをしなきゃとずっと思っていたのですが、やっと先日保険の見直しの相談に行ってきました。

 

保険deあんしん館へ

訪れたのは、近所にショップがある、「保険deあんしん館」。

以前、学資保険の相談をした時に、とても分かりやすく説明してくれ、自分に合った学資保険に加入できたんです。

現在は、関東で15店舗あるそうです。

特定の保険会社に属していないのと、無理な勧誘が全くないのも安心だったので、またお願いすることにしました。

ショップに入ると、アロマの香りが漂ってとても癒されます。

キッズコーナーもあり、子連れでも相談に行けるのですが、落ち着かないので、主人に預けて1人で相談に行きました。

数回相談に通ったのですが、アロマの香りに囲まれて、コーヒーやハーブティーなどのドリンクも飲み放題で、ちょっとしたリラックスタイムにもなり、通うのが密かな楽しみでした。

ここのスタッフさんは、パソコンを使って、保険の仕組みを図などで説明してくれて、とても分かりやすいんです。

今まであいまいだった保険の知識が、なるほどこういうことだったんだーと理解できることができて、とても勉強にもなります。

今回見直したのは、医療保険ガン保険です。

今までは、日本生命「未来のカタチ」という医療保険に入っていたのですが、10年ごとに保険料が更新されてしまい、更新の度に2倍近く保険料が上がってしまうんです。

収入がなくなる頃に負担が逆に増えるのは困るので、今のうちに対策を打っておかなきゃと保険会社を変えることにしました。

日本生命の「未来のカタチ」は、医療保険ガン保険、生命保険が全部備わった保険だったのですが、それぞれ目的に合わせて保険会社を変えることにしました。

保障が手厚い程安心ですが、毎月の負担が増えてしまうので、無理のない金額設定に調整してもらいました。

いくつか提案頂いた中から、医療保険マニュライフ生命保険ガン保険アフラックに加入することにしました。

どちらも、65歳までに払い込み完了で、その後生涯の、保障が付いています。

マニュライフ生命は、禁煙者に割引が効く保険がお得なので、非喫煙者の方にオススメだと思います!

それ以外に、死後整理費という、亡くなった時に必要最低限にかかる500万円が保障される貯蓄型の終身保険も勧められたのですが、そちらは今回は見送りました。

現在、葬式代200万円お墓代200万円、その他雑費で100万円の計500万円が、亡くなった時にかかる費用の関東の平均だそうです。

そんなにかかるんだーとびっくりしましたが、時代も変わっていくだろうし、葬儀費用にそんなにかけなくても良いかなと自分的には思ってしまい、毎月の負担も増えることもあり見送ることにしました。

 

まとめ

保険の見直し相談、とりあえず現役で働ける65歳までに払い込みが終わるタイプに変えられたことで将来的な不安が少し減り、相談に行って良かったです。

加入する時には、払い込みがいつまでなのか、保障もいつまでなのかちゃんと確認するべきだったと思いました。

80歳までの保障という医療保険も結構あるみたいで…。何歳まで生きられるか分かりませんが、女性の平均寿命が88歳だとしたら、生涯保障されるタイプにしておいた方がよさそうかなと思いました。

特定の保険会社に相談すると、売りたい商品を勧められて流されて加入してしまうパターンが今までの私だったので、保険相談のショップに相談してみて、色んな会社を比較出来るし、押し売りも全くないし、本当に勉強になりました。

「保険deあんしん館」は、若いスタッフが多いのですが、皆とても勉強熱心で、一生懸命なスタッフが多いので、つい応援したくなるような気持ちになります。

また、何かあった時は、相談しに行きたいと思います。

 

モンテッソーリ教育の育児書「お母さんの敏感期」を読みました。

久しぶりに育児本を読んでみました。

今回読んだのは、モンテッソーリ教育について分かりやすく書かれてているという育児本「お母さんの敏感期」。

モンテッソーリ教育、藤井四段が、モンテッソーリ教育の幼稚園に通っていたと話題になっていて、ちょっと気になっていたんです。

 

お母さんの「敏感期」

お母さんの「敏感期」は、 幼い子供には、「敏感期」という大切な時期があり、この「敏感期」を知りながら子供の成長を見守ることで、子育てが楽しくなるというような内容の本でした。

本の構成は、モンテッソーリ教育からのヒント、子供の敏感期、お母さんの敏感期、子育てのキーワード「じりつ」、家庭でできる手作り教材、子育てに大事な5つの鉄則の6章に分けられています。

読みやすいとは聞いていましたが、モンテッソーリ教育についてほとんど無知な状態で読んだので、少し難しいなと感じる部分もありました。

そんななかで、私が参考になったなと思う箇所をいくつか挙げると、

 

  • 習い事や塾について

子供は、どんなことでも良いから深く感じて自己投入できる経験を持つことが大事。何かを体験し、自分が、成長できた体験が、将来ものごとを深く追求したり、ひとつの専門をきわめるのに役だってくる。

  • 子育てする上で、心に留めておくべきキーワード

「自立」が、大事。自立していくのに大事な道筋は、①自分から自由にかかわる。→②関わったことを続ける。→③続けてするうちに全人格かかわりになる→④かかわり抜いて「やった!」「すんだ!」「わかった!」などの実感で終了する。この4つの段階を通過し、深い充実感や自信を味わうことで、人に依存せず、自分で決めたり選んだりできるようになる。周囲の人ことを思いやることができ、さらには積極的によいことをしようとする態度さえ現れてくる。

  • 家庭でできる手づくり教材

こどもがやりたがっていること、例えば落とす、引く、回すなどの動作を心ゆくまで出来るような、家庭で作れる手づくりのおもちゃの紹介。

 

などです。

例えば、習い事をたくさんするのはどうなんだろうとか、自分の中で、疑問に思っていたことも、こんな意味があるんだーと納得できましたし、手づくりのおもちゃは、簡単に自分でも出来そうなものも何個かあったので、年齢に合わせて作って見たいと思いました。

 

まとめ

モンテッソーリ教育、漠然としか知りませんでしたが、子供には、あることに対して特別に情熱を燃やして関わる短い限られた時期があるんだということ、夢中になっている子供を見守ってあげることが子供の成長を促すという考え方はとても参考になりました。

また、日常生活のことを1人ですることも、小さい時にもっとも大事なことだとも書かれていました。

つい、助けを出したり、忙しいと自分でやってしまったりしがちですが、なんでも本当は最後まで自分でやらせて達成感を感じさせてあげることも大事なのだなと勉強になりました。

これから子育てする上で、心に留めておきたいと思います。 

 

 

 

1歳児大集合at二子玉川

先日、近所で子供の月齢が近く、仲良くなったママ友達と二子玉川に遊びに行って来ました。

二子玉川は、子供に優しい街で過ごしやすかったです!

 

区立二子玉川公園

子供を連れてお出かけする時、お昼寝問題などあり何時に集合すれば良いか迷ってしまいます。

今回は、午前中に子供を遊ばせてからランチでも行こう!ということになり10時に二子玉川駅に集合。まずは区立二子玉川公園へ向かいました。

二子玉川ライズというショッピングモールを通り抜けて、公園が見えて来ます。

近所の公園より少し広めの公園「遊具の遊び場」で子供達を遊ばせることにしました。

設備としては、

  • 砂場  1ヶ所(車いす用もあります。)
  • 水遊び場 1ヶ所
  • ライミング遊具 1台
  • すべり台 1台
  • 小山 1ヶ所
  • スプリング遊具 3台

など、子供達が喜びそうな遊具は、ほぼ揃っている感じでした。

しかも、地面が弾力のある素材になっていて、転んでもそれほど痛くないのが安心です。

子供達も、夢中で遊んで、気付いたらお昼をとっくに過ぎていました。

 

この公園で良いなーと思ったのは、近くに、ビジターセンターという建物があって、食べ物を食べる休憩室や、オムツ台、授乳室も完備されてるんです。

f:id:plum77:20170823171132j:image

授乳室、とても綺麗でした。

f:id:plum77:20170823171208j:image

そして、水飲み場や手洗い場、シャワーなども外にあるので、子供達が泥んこになっても安心です。

広めのベンチもあったりで、着替えなどは楽にできて助かりました。

 

二子玉川公園自体はもっと広くて、眺望広場や、庭園、子供広場が他にも数カ所あるみたいなのですが、今回は「遊具の遊び場」を満喫しました。

機会があったら、今度は公園の他の場所にもいって見たいなと思います。

 

鉄板焼き「かしわ」でランチ

子供達も遊び疲れ、お昼寝タイムに入ったところで、ランチのお店を探すことに。

子連れにも優しい、二子玉川ライズにある地鶏料理と鉄板焼きのお店に入りました。

子供達が寝てしまってベビーカーが4台もあるのに、広めのテーブルの席を作ってくれてなんとかベビーカーで寝かせたまま大人はランチすることができました。

ランチは、1100円で食べられるかしわ焼きセットを注文。

この立地にしては安く感じました。

かしわ焼きは、鶏のミンチに山芋を入れてお好み焼き風にしたものなのですが、ふわっとした食感で、とても美味しかったです!

それほど味付けも濃くなかったので、起きていれば子供とシェアもできそうです。

食べ終わった頃に息子が起き出したのですが、なんと子供には、麦飯とジュースのサービスがあったので、麦飯を頂きました。

麦飯だけで食べるかちょっと心配でしたが、茶飯のように少し味が付いていたので、パクパク食べてくれて満足そうでした。

お店も広々として、子連れでとても入りやすいお店だったので、また行っても良いなーと思える良いお店でした。

鉄板焼き お好み焼き かしわ 二子玉川ライズS.C.店(二子玉川・用賀/鳥料理(鶏料理)) - ぐるなび

 

 

最後は高島屋の屋上庭園へ

ランチの後、子供達が起きたところで、高島屋の7階に屋上庭園があるとのことで、遊びに連れて行きました。

家族や1人で遊びに行っていたら、ランチの後は確実に帰宅コースですが、みんなパワフルで尊敬です。

屋上庭園は、小さな滝があったり、芝生の丘があったり、ここでも子供達大興奮でした。

自動販売機で、麦茶のパックが売っていて、子供の飲み物が足りなくなっていたので助かりました。

ペットボトルだとまだ飲めないので、かゆいところに手が届くというか、分かってるなーという感じで、みんなも喜んでいました。

 

まとめ

二子玉川は、とても広々とした空間が多く、お店や遊び場も充実していて、とても子連れで遊びに行きやすい場所でした。

息子も1日思う存分遊べて、満足した様子でした。

普段が、不完全燃焼みたいで申し訳ない気持ちにもなりましたが…💦

今度は、二子玉川公園の「遊具の遊び場」以外のスポットも色々と見学してみたいし、新たにランチのお店も開拓できれば良いなーと思います!

 

1歳4か月の記録

今年の夏は猛暑だから、ベランダプールでも買って遊ばせてあげようかと考えていたのですが、予想外の雨続きでしたね。結局、家ではプール遊びはしないまま夏を終えてしまいそうです。

息子も、1歳5か月に突入しました。

忘れないうちに、成長記録を残しておきたいと思います。

 

1歳4か月の様子

  • お外で歩けるように

くつをはいて、外を歩けるようになりました。時々手をついて座ってしまったり、少し坂があるところでは立ち止まったりはしてしまいますが、けっこうなスピードであちこち動き回っています。

  • 言葉が増える

最近は、「あか」という単語をはっきりと言えるようになりました。赤いものを見て言うときもあれば、違う時も言っているので、意味は分かっているようでまだ分かっていないのかもしれません。私が主人に、「いちいちいちいち、うるさいなー」と文句を言っているところを聞いていて、「いちいちいちいち」と言葉を真似していて、ちょっと和みました。大人の言葉を真似することが増えたので、言葉遣いに気をつけなきゃなーとドキっとしました。

  • 歌を歌うようになる

よくメロディを聞いている、「きらきら星」や、「むすんでひらいて」のメロディを口ずさむようになりました。時々、歌詞付きで歌っているのでは?と思う時もあり、面白いです。

手足口病にかかり、手足に発疹が出来ました。先日、近所のママ友達と久しぶりに会ったのですが、保育園組は他3人も全員感染したと言っていたので、かなり流行っているようです。41度の熱が3日間出た子もいれば、熱は出ずに発疹のみだった子もいて症状は様々でした。息子は、熱が1日出て、翌日から発疹が出てくるパターンで、いまだ足の皮が剥けてきています。

  • スプーン食べ少し上達

スプーン食べが徐々に上達していて、ヨーグルトや切ったフルーツなどは、1人で全部食べられることもあります。かなり食べ散らかしているのは相変わらずですが…。食事に飽きると、スプーンですくった食べ物を床にわざと落としたり、いたずらも多くなりました。

  • ものを持ってくる、投げる

おもちゃや、何か手にしたものを私のところまで持ってきて、はいと渡してくれるようになりました。手にしたものを、突然乱暴に投げ出したりすることもあります。

 

 

まとめ

1歳4か月、1番の成長は外歩き出来るようになったことでしょうか。

やっぱりお外は楽しいようで、公園に連れて行くと、目を輝かせて遊んでいます。公園の外に出ると、自分で戻ろうとしてしまってなかなか家に帰れず…。大人も疲れますが、機嫌よく遊んでくれるし、外の方が身体をいっぱい動かせるので、これからはお外で遊べる日は出来るだけ公園に連れて行ってあげようと思います。。